「占い抜き」の恋愛は本物とは言えない?

人は恋に落ちた時、その恋の行く末がどうしたって気になるはず。

それは、種族保存本能とも関わることであり、恋愛はさらに発展するのか? それとも、すぐに破局が訪れるのか?

やがて二人は結婚することになるのか?

・・・そんなことを心のどこかで思っていることでしょう・・・

恋愛ほど先を読めないものはない

どんなに賢い人でも、こと恋愛に関しては、それがどのような結末を迎えることになるのか、なかなか分からないもの。

恋愛とは、男女の間に目に見えない不思議な力が関わっている状態。

この不思議な力の正体は、キューピットなどといわれる霊的な存在なのかもしれません。

いずれにしても、人知の及ばない領域の話になるため、悩んでも悩んでも、解決策は見つかるはずもなく、また、ちょっとした偶然によって状況が一変してしまうのも恋愛のデリケートなところです。

占いをあてにしないほどあなたは強くない

占いに対して偏見やトラウマを持っているのでない限り、本気で恋愛状態に陥った人は、その行く末を知ろうとするために、占いにその手がかりを求めるもの。

逆に言えば、占いを面倒くさいと思っているとするなら、それは、本気で恋愛をしていない証拠ということにもなるでしょう。