偶発的な金銭の獲得を目指すギャンブル。

まさに「運」をあてにする最たる場面と言えるかもしれません。

そんなギャンブルが成功裏に終わるのか、失敗続きで損失を大きくすることになるのか、まさに「運次第」というわけですね。

ならばと、ギャンブル運がどんなものなのか、あらかじめ占っておき、それによって進むのか立ち止まるのか、その判断をするというのは、間違いではないでしょう。

占いの原点はギャンブル運?

元々占いは、戦争の道具の一つとして発達したという説があります。

戦略や戦術を考える将軍が、最後に決断する場面で、「よい結果が得られるのかどうか?」

それを占ったというわけです。

「命がけの闘い」であればこそ、最後は占いの力をアテにしたのですね。

「人事尽くして天命を待つ」。

それを実践する最後のピースこそが、ギャンブル運の占いです。